chinekoの三叉神経痛撃退ブログ。撃退完了です♪


by chineko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ネズミとの別れ

先週水曜日に、
我が家のペットであるところのまぐっちさんが
旅立っていきました。
今までに5匹のハムスターを飼ってきましたが、
ハムはちっちゃいなりにいろいろ考えているらしく、
そのたびに私も考えさせられたり、驚かされたりします。

初代のもぐのときは、具合が悪かったのに
「2歳の誕生日まで頑張ろうね。ケーキを買ってきてお祝いしようね」
と約束したところ、誕生日の次の日に旅立っていきました。
2代目のもるるのときは、
一度ものすごく具合が悪くなって病院に連れて行ったのですが、
「誕生日のお祝いをしようね」と約束したところ、
何とか持ち直しました。
でも、その直後に私は韓国旅行とイギリス旅行を控えていて、
「どうしたらいいかなあ」と考えていたのですが、
ちょうど韓国旅行に出かける直前に旅立っていってしまったのです。
同じ頃に目の見えない仔猫も保護したのですが、
やはりその日のうちに旅立ってしまい、
私に迷惑をかけないように気を遣ったんだなあ、と思いました。
3代目のモアナは女王様だったのであまり私への気遣いはなかったのですが(笑)、
それでも私の手の中で旅立っていきました。
そしてお別れの挨拶のつもりか、数日後に、
ケージを置いていた場所(すでに片付けてあったのですが)で
ケージとご飯入れをカチャカチャと鳴らしていきました。
もちろん夢だったのかもしれませんが。
4代目のくるみは甘えん坊でしたが、一応気遣いは忘れず、
私が風邪をひいて具合の悪いときはいい子にしていて、
その直後に旅立っていきました。

5代目のまぐは……
私が3月に手術を控えていて、
入院している間はどうしたらいいかなあ、
ウチの親はこちらに来るけれど動物が嫌いだしなあ、
とチラリと考えていたのでした。
その気配を敏感に察したのかもしれないし、
私の手術がうまくいくように
手術によって起こり得る危険なコトを持っていってくれたのかもしれません。
一つ確信しているのは、私の手術はきっとうまくいく、ということ。
それをまぐが私に残してくれたような気がしてなりません。

a0004062_0211814.jpg

まぐは、鉢に埋めて、「頭の良くなる花」を植えました。
そしたらもう、まぐちゃんの花が咲きましたよ~
[PR]
Commented by viviandpiano at 2007-10-13 00:58 x
動物を飼っている身としては、そういう動物たちの思いや感情、分かる気がします。
chinekoさんが飼った動物たちも、「空気」を察するということがあったのでしょうね。

3月に手術ということで、不安や心配もあると思いますが、
大丈夫、必ずこの病気と決別できますよ(^^)
いち早く病気と闘っているchinekoさんの存在を励みにしてます♪
Commented by chineko at 2007-10-15 00:35
>viviandpianoさん
他の人からしたら、「そんなの偶然に決まってるじゃないか」
「動物にそんなことがわかるわけないだろう」って言われると思うんですけど、
自分の中で何か納得のいく部分を作っておかないと
やりきれないこともありますしね。
病気については、参考になるようなことがいろいろ書けるといいな、と思ってます。
手術までの準備や、術後の経過なども書いてみようと思ってます。
by chineko | 2007-10-10 00:21 | 日常 | Comments(2)