chinekoの三叉神経痛撃退ブログ。撃退完了です♪


by chineko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

手術から2週間経過。

気付いたら、4月。(笑)
すでに2週間経ちました。
入院についてとか、麻酔についてとか、
若干細かい内容についてはまたそのうちにまとめて書きますが。
とりあえず現在の状態は……
傷はこんな感じです(見なくて可)。
わりときれいにくっついているみたいです。
でもまだ頭が痛いので、退院時にもらったロキソニンを飲んでます。
でも、10錠しかくれなかったので、なくなったらどうしようかと考えてます。
やっぱりイブとかセデスかしら?


ついでに別の話。
今日のテレ朝の「たけしの本当は怖い家庭の医学」で
三叉神経痛がテーマの1つになっていました。
今回の例はガンマナイフによる治療だったのですが、
いくつかの点で取り上げ方に問題があるかなと思いました。
1つはガンマナイフについて。
「新しい治療法」として紹介されていたのですが、
三叉神経痛の治療法としてガンマナイフを使用するのは
随分前からあったことでしょ?
ガンマナイフ自体は1968年に開発されてるし。
しかも、今回例になった患者さんの場合、
「2007年7月発症→2007年11月治療法としてガンマナイフを紹介」
という流れになっていました。
2007年の7月ならガンマナイフを知らない脳神経外科医はいないはず。
病気が分かった時点で治療法として紹介しないのもおかしいし、
病気が分かったら家族が(今回患者さんは高齢なので)
インターネットなどでもっと情報を手に入れようとしていれば
簡単にガンマナイフの存在を知ることも可能だったはず。
# 私ですら2007年9月にはガンマナイフのことをこのブログに書いてるし、
# 2006年9月に病院に通い始めた時点ですでに
# ガンマナイフによる治療のことは知っていたもの。
もう1つはガンマナイフに健康保険が適用されないことについて、
「三叉神経痛の治療にガンマナイフは保険適用されません」
という内容の2行の字幕で説明を済ませてしまったこと。
以前は保険適用の治療だったのに2005年からは保険が適用されなくなり、
現在保険適用を再度認めてもらえるように活動している人もいるということを
併せて紹介してもらえればもっとよかったのに、と思いました。


さらに別の話。
今日は母の病院行きについてJ医院に行ってきたのですが、
私の担当医(執刀医でもある)のA教授が今日からJ医院の院長になってました。
びっくりして私は腰を抜かしそうになりましたよ。
私の先生ってエライ人だったのね~ (@@;)
今度の通院のときに「オメデトウゴザイマス」って言ってあげようっと。


a0004062_23384716.jpg

今夜は母のリクエストでお好み焼きを作りました。
チーズ入りです♪
ウマイわよ。
[PR]
by chineko | 2008-04-01 23:34 | 日常